「案ずるより産むがやすし」をもっとーに・・・そんなどこかにいる大学生の日記☆

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
一度はやってみたかった壮大な問いかけ
2006-04-21 Fri 22:56
金曜は
毎週1限の刑訴で終わる
という奇異な日w

そんなもんで
せっかく東京まで出てきているから
なんかしたくなるもんです。

そこで今日はジーンズというラフすぎる格好に
ちょっと迷ったけど、学生らしく裁判所に行ってみました(*`▽´*)
刑事裁判の傍聴をしようと。

今日は
所属する3・4年ゼミの先生で、
現役教授で現役弁護士の先生の裁判があったんで
それを覗いてきました!レッツお宅訪問!

裁判所の金属探知機にひっかかりつつ通過
そんで問題なのが、どこの法廷でやってるのかがわからんことw(←致命的)
それを調べるために今日の裁判の一覧を見る。
分かってるのは「時間」「今日が判決」ということだけ(^.^;
一覧には担当弁護士が書いてあるわけじゃないから迷ったけど、
一つのめぼしい事件に賭けて行ってみることに

行ってみたら見事ビンゴ!!
先生登場!!!
事件は覚醒剤取締法違反の若い人達の事件

刑事裁判の法廷。判決の日。
何度行っても
やっぱりあの法廷の雰囲気というのは
独特なものがある気がした。

裁判官が入ってきて傍聴人含めて起立し着席。
被告人が前に立ち
裁判官が一言。

「主文…(微妙な間)…被告人○○を懲役○年…に処する。」

当事者を前にしてこの瞬間は鳥肌立ちます

その後
「判決の確定した日から○年執行を猶予する。」
と執行猶予がつき先生はうなずいてました。

その若い人の一人は今まで何度も
犯罪を繰り返していたようだし執行猶予がついたのは、
傍聴しにきていた家族の方・本人共にホッとしたと思う。

理由についてはまぁいろいろあるけど
麻薬の単独所有と共同所有の罪の観念的競合とか
聞けてちょっと「分かるっ!」とか思ったり

裁判官がそうした刑法の細かい抽象的な話をした後、
被告人に話しかける場面がありました。

裁判官(J):「このような麻薬は、依存性などがあり大変危険なものだということはわかっていますね?」
被告人(A):「はい。」
J:「うん。あなたは逮捕直後からこの法廷でも十分に反省しているようですね。それに、あなた達の家族の方もこれからしっかりとサポートしていくと証言してくれました。こうした事件で家族の方たちの理解と支援が得られることになるというのは珍しいことなんですよ。このような家族・周りの環境に恵まれていながらあなたは犯罪を繰り返してきている。そんな今のあなたを作り上げたのは、あなたの責任です!これからの執行猶予の○年の間に犯罪を犯せば、あなたは確実に実刑判決をうけ大変なことになってしまいます。これからの○年、そしてその後の人生をあなたは自らの責任でしっかりと生きていけますか?」
A:「はい!」
J:「うん。しっかり自覚してください。それでは閉廷します。」
(↑だいぶ省略してます。)

弁護士である先生はその応対を聞きながら、
法廷内にいる誰よりもうなずいていました。
「家族」とかいう言葉がでてきたからかな?
(先生は家族法の教授)

その被告人とその家族が、これまでどうしてきて、
これからどうしていくかなんてわからないけど、
他人だけど他人ではない家族という一つの絆について
改めて考えさせられましたψ(*`ー´)ψ

犯罪と家族…
この前読んだ本でこんなフレーズがありました。

「自分を大切にしたいという気持ちは
    誰かに愛されているということから生じる。」


生きるという心のエネルギーは愛され続けれことで満たされる。その欠落は、我慢できない、意欲が湧かない、心が動かない、物の所有に固執する、力を振るうといった性格を形づくる。(藤原正範『少年事件に取り組む』より

家族に限らず
あなたは誰かに愛されていますか?愛していますか?


なんつって(>v<)
マジメな文章になってしまった。
いつの間にか先生メインじゃなくなって錯綜してるけど、
まいっかw
読んでくれた方ありがとうございますm(_ _)mお疲れ様で~す!
スポンサーサイト
別窓 | | コメント:0 |
難民法実務 Part1
2005-12-13 Tue 18:13
今日はちょっとこの前参加したオープンセミナーの内容について
ここに記録しておきたいと思います(´ー`)
もう忘れそうなので 笑

これから書くのは難民法実務についてです。
これは僕が興味をもっている弁護士の仕事の一つ!
これはまさに難民事件を扱うものです。

そもそも難民とはどういう人のことをいうのか?
『1951年の「難民の地位に関する条約」では、難民は、「人種、宗教、国籍、政治的意見やまたは特定の社会集団に属するなどの理由で、自国にいると迫害を受けるかあるいは迫害を受ける恐れがあるために他国に逃れた」人々と定義されている。
 さらに今日では、難民とは、…武力紛争や人権侵害などを逃れ…他国に庇護を求めた人々も指すようになっている。
 また、紛争などによって住み慣れた家を追われたが、国内にとどまっているかあるいは国境を越えずに避難生活を送っている「国内避難民」も近年増加している。…適切な援助が実施できなかった場合、これらの人々は国境を越えて難民となり得る。』
(参考HP:UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)のHPを参考にしました。)

難民事件とは、こうした難民の方々の他国への受け入れに際して、
難民認定のために行われる裁判のことなどを指す
と個人的に思っています(←ちょっと曖昧です 笑)

まぁとにかくこの難民事件を扱う弁護士は、
言葉の壁のある人を相手にし、
もし難民認定を受けて保護されなければ、
本国に送還されて命を奪われかねない状況にある
という人を相手にして、
その人のために全力を尽くさないといけない(@O@)

まさに【適切な法的知識を有して,
生身の人間である依頼者と話し合い,
依頼者の利益を最大限のものにするために
自分の信じるところの正義をもって
当該紛争を解決していく】
という
弁護士の姿(←これも曖昧です 笑)
と重なるようなことを、仕事として扱えるわけです。

それが魅力といえば魅力かな~

ちょっとかたい文章になったのでこれぐらいで!(*`▽´*)

でわでわ☆


よろしければ1クリックお願いします!→ブログランキング
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 |
弁護士?2
2005-12-01 Thu 16:45
僕は渉外弁護士を目指してるわけですけど、
この前その渉外弁護士さんとお話できる機会があったので
記憶にとどめるためにもここに記録しておきます。

まずその前に、
渉外弁護士ってなに?っていうと…
渉外弁護士といっても普通の弁護士と資格について変わるとこはないです。
ただ、主に外資系企業をクライアントとする法律事務所(=渉外事務所)に属して、
その顧客の要望に応じて、会社の設立・買収・企業間契約などをする際に、
法律的に問題がないかを調べてアドバイスすることを仕事としているらしいですね。
つまり、紛争の解決だけじゃなくて、紛争を未然に予防することも重要な目的の一つです。

で、話を聞いたんですけど、
今の事務所に所属するまでは大変でしたか?って聞くと…
司法試験はもちろん 笑
口述試験に合格してから就活が始まるんだけど、面接やらなんやらで
そんなに民間企業とかの就活と変わらないかな
あと、事務所に入ってから海外研修に行って勉強するのが慣例みたいに
なってたけど、最近では2年間も行ってたら顧客が離れてしまい
あまり実益がなくて、海外研修に行かない人が増えてきてる、とのこと。

仕事内容は?
この方の事務所は、大体金融関係5割労働問題関係2-3割会社その他関係2割
プロジェクトとかの大仕事になると、40~50の契約がからんでくるので大変!
メールは毎日100~150通ぐらい届くらしい(;^_^ Aけど、その内5割は海外からのものとのこと。
海外の人と連絡をとる時は電話で話すよりメールでやりとりするほうが楽なんだとか。
海外からのメールは、主に日本の法律のこと。
むこうの人は日本の法律を知らなくて戸惑う人が多いらしいです。
法廷にたつのは他の弁護士さんに比べると少ないけど、
労働問題とか長期間に渡り法廷で争うものもあるらしい。
あと、10年前とかは地獄のような仕事量だったらしいけど、最近はやっと土・日は休めて人間的な生活に近づいてきたかな 笑 とのこと。

あ、いろんなことをまとめて書きすぎた( ̄  ̄!)
まぁでもこんなもんでいいでしょw

まぁ参考にしてみてください(`∀´)

今度は渉外とは別に、興味のある弁護士の仕事についての講演会に
行ってきたので、そのことを今度書けたらなぁ~

でわでわ☆


よろしければ1クリックお願いします!→ブログランキング
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 |
弁護士?
2005-11-30 Wed 11:59
昨日テレビ東京系の番組の
「ガイアの夜明け」を見ていて
なつかしいなぁ~と思いました。

昨日のその番組の内容は
主に「起業」

なぜ懐かしいのかというと高校生ぐらいの時に
起業したいなぁ~という漠然とした思いがあったからなんですよ(~ヘ~;)
(当時「起業」なんて言葉は知らないに等しかったんですけど 笑)
元々社会系の科目が好きで経済関連の仕事に興味をもっていたんですよ


で、なぜ弁護士を目指すようになったのか?おおまかに示していくと

元々社会科の科目が好きで経済とかに興味
↓高校時代におもろい政治・経済の先生と出会う
特に経済関連の仕事に興味を持ち、会計士に憧れ
↓政経の先生の影響で変にいろんなことに手をだす
起業とかしたいなぁ
↓でもどうやるんだ?→そういえば法律もおもしろそう
弁護士もいいなぁ→経済志向が強かったため渉外弁護士に憧れ

こんな感じヽ(~~~ )ノ
我ながら単純な思考過程 笑
高校時代は自分の中で激動の時代でした。

政経の先生は結構自分の中で大きな位置づけになってるんだけど、
この先生の授業で教科書の政経らしいことをやった記憶はありません 笑
とにかく新聞記事を読んでた気がするなぁ~

はっ(^◇^ ;) うまく渉外弁護士さんの話にもっていこうと
思ってたら長くなってしもうた…
ってなわけでまた明日~ 笑 明日こそ

でわでわ☆

よろしければ1クリックお願いします!→ブログランキング
別窓 | | コメント:1 | トラックバック:0 |
| priceless… |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。